ブログ

文化財保護

1,075 view

弊社からほど近い場所にある、江戸時代に建てられた旧宅を見学しました。

個人から自治体に寄贈され、現在は自治体が管理しているそうです。

年に2日間だけの公開と知り、訪問。

文化財指定にふさわしい由緒があることがわかりましたが、保存状態が悪い。

その場しのぎの補修で、文化財としての美観が損なわれています。

圧倒的に予算が不足している印象で、やがて修繕不能になりそうです。

国宝、世界遺産級の文化財保護には世間の耳目が集まります。

しかし市井、の文化財には我々の関心は薄くなりがち。

目的を特定した、寄付受付制度の設立などできないものでしょうか。

我々の民度が試されているような気持ちになりました。

(写真は姫路城です。念のため。)

 

 

小原

ページ上部へ戻る